ブランド鑑定レッスン

 data-srcset

2015/02/20 愛され続ける♡イヤープレート♡

皆さんこんにちは♥♡

ブランド鑑定レッスンをご覧頂きありがとうございます!

今回は、店頭でも沢山お買取させていただいている

ロイヤルコペンハーゲンの「イヤープレート」について

ご紹介させていただきます(^∇^)

 

世界的に有名なロイヤルコペンハーゲンの「イヤープレート

1908年から作られはじめ、毎年欠かさず制作されています。

イヤープレートはその年の製造が終わると、型を壊して二度と生産しないため

生産数の少ない「イヤープレート」や古いものはとても希少なんです

一番定価が高い「イヤープレート」は1908年(初版)に制作された

マドンナとこども

初版の「イヤープレートは、その後世界中の人々に愛され続け、

大量生産されることを想定していなかったため、

生産された枚数が大変少なく、希少価値も高いのだそうです(*’v`*)

 

では、ここで問題です

 

イヤープレート」はヨーロッパの人々には別の名前で親しまれているのですが、

なんと呼ばれているでしょうか??

正解は?!

クリスマスプレート

解説

イヤープレート」は、別名「クリスマスプレート」と呼ばれています。

ヨーロッパでは、クリスマスに自分の生まれ年や記念年のお皿でケーキを食べる風習があるため

クリスマスプレート」と呼ばれているのだそうです(*^▽^*)

クリスマスや誕生日、各種記念日の贈り物にも最適ですね!!

イヤープレート」は毎年、その年のプレートを生産してしまうと型を壊してしまうため、追加製造はされません。

自分や家族の誕生年の「イヤープレート」を集めてみるのも面白いかもしれませんね


悩んでいるあなたへ、まずはLINE査定がオススメ♪