ブランド鑑定レッスン

2014/10/31 ☆コインの豆知識☆

こんにちは

いつもブランド鑑定レッスンをご覧頂きありがとうございます

本日は日本で初めての1万円の額面を超える金貨(10万円金貨)をご紹介致します

日本の10万円金貨は2種類あります

kinka12 kinka11

こちらは昭和天皇の在位60年を記念して昭和61年に

日本で発行された記念金貨で表面の図柄は鳩と水、

裏面の図柄は菊の紋章で昭和61年に1000万枚62年に

100万枚発行されました。

 

kinka23

kinka24

天皇陛下御即位記念金貨で表面の図柄は鳳凰と瑞雲

 裏面の図柄は菊の紋章と桐と唐草です。平成2年に200万枚

発行されました。

 

 

この2種類の金貨をお持ちの方や、見たことがある方も

いらっしゃると思いますが、ここで質問です

 

この2種類の金貨の額面は同じ10万円ですが

①品位 ②重さ ③大きさは同じでしょうか?

正解は?!

昭和天皇御在位60年記念金貨
①K24 ②20g ③直径30mm

天皇陛下御即位記念金貨
①K24 ②30g ③33mm

多くの方はおそらく、重さに驚いたと思います!^^

解説

昭和天皇金貨と今上天皇金貨2つとも純金が使われており

額面は同じ10万円ですが、その金としての価値は大きく違います!

重さが違うため金の相場で見てみると価値が変わってきますよ~

例えば金相場が4,000円だった場合

①昭和天皇の在位60年を記念金貨は20g×4,000円=8万円

②天皇陛下御即位記念金貨は30g×4,000円=12万円

ですのでの金貨は銀行での換金をお勧めいたします^^

同じ額面なので買取金額も同じだと思われる方も多いと思いますが、知らないと損する可能性がありますよ!^^

本日もご覧いただき誠にありがとうございました!!

貴金属のお買取についてはこちら→


悩んでいるあなたへ、まずはLINE査定がオススメ♪